介護療養とは

介護療養は、介護サービス事業者に含まれる、介護療養型医療施設のことをいいます。
介護療養型施設とは、早期に治療が必要な患者が入院をする急性期病院や、ある程度症状が落ち着きリハビリなどを目的とした患者のための回復期病院での治療を終了した患者の中で、心身の病気や障害などが原因となり、自宅で自力で生活するのが困難な患者に対して適用される施設です。
入所にはこのほかにも様々な状況設定があり、上記のほかに、家族による在宅介護を受けることができない、介護サービス事業者による介護を受けるのも難しく、病院でケアしたほうが患者自身の生活の質も安定るする場合に適応されます。
医療療養病院よりも介護療養型医療施設のほうが、患者自身の医療依存度は低いとされています。

また、介護療養型施設の中には、老人性認知症疾患療養病棟もあります。
認知症の症状が悪化しすぎて独居が困難になった場合や、自宅での介護が困難になった場合に適応されます。
医療型療養施設と混同され外ですが、保険適応範囲が異なります。

医療型療養保険は、医療保険対応で介護療養型医療施設は、介護保険の対象になります。
この制度は、医療行為が必要ないことが多いため、必要性に疑問が投げかけられ、廃止の方向で話が進んでいますが、施設によっては、痰の吸引や経管栄養などが行われ、ターミナルケアを行っている施設も少なくないため、廃止は決定していますが、時期に関しては先延ばしになっています。



<外部リンク>
東京の療養病院のサイトです。空室の状況などがわかるので家族の入院をお考えの方は参考にしてみて下さい ... 療養病院 入院